仕事術・整理法

カリスマ社長が教えるこの先稼げる人ずっとだめな人 |小山 昇

カリスマ社長が教えるこの先稼げる人ずっとだめな人カリスマ社長が教えるこの先稼げる人ずっとだめな人
小山 昇
青春出版社 刊
発売日 2003-05
価格:¥1,365(税込)
オススメ度:★★★




独自の会社運営 2003-07-12
中小企業を取り巻く環境の非常に厳しいが、そのなかで小山昇が経営する会社「武蔵野」は業績を劇的に向上させてきた(売り上げ4倍)。その独自の明確な経営手法をまとめた本。
管理職の公募制(パートの部長もいる)、サンクスカード(上司が部下にいい点を見つけて送らないと罰金)、ボーナスを現金手渡しにして上司が部下のボーナスを数える制度(上司が、自分より多くのボーナスをもらっている部下を現金を数えることで実感し奮起する。その様子は部下に公開される)など、「馬の鼻先に人参をぶらさげる作成」(本の言葉)が満載である(ここで「馬」は社員で、「人参」は給与・賞与にあたり、結局のところ、金に関する話題が多い)。
この本では厳しい環境のなかで4倍売り上げという劇的な成果は!山昇のリーダーシップによるものとわかるが、この本で紹介されているインターネットの活用方法、給与の引き下げ等ではリスクが潜在している。ワンマン社長でトップダウンで経営革新をしてきた歪みだろう。もし、これを実施しようとする方がいたら、事前に専門家に相談し、鵜呑みは避けるべきだ。しかし、本としてはメッセージが明確で面白いので一読をお薦めする。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/2/7に作成しました。


2007年02月07日 11:53