仕事術・整理法

人生を成功させるための「80対20」革命! |リチャード コッチ

人生を成功させるための「80対20」革命!人生を成功させるための「80対20」革命!
リチャード コッチ
ダイヤモンド社 刊
発売日 2003-02
価格:¥1,680(税込)
オススメ度:★★★


イタリアの経済学者パレートが発見したとされる「80対20の法則」を、ビジネスあるいは人生に当てはめる方法を指南した1冊。「80対20の法則」とは、結果の80%は原因の20%から生じるというもので、これがさまざまな現象に当てはまることは広く知られている。つまり、著者の言葉を借りれば、「万物の大半はほとんど価値がなく、ほとんど成果を生まない。少数のものだけが非常に役立ち、大きな影響力をもつ」。このことを知っているか否かで、仕事のやり方や人生の充実度も大きく変わってくるのである。
著者は、このことを踏まえたうえで、この上位20%に焦点を絞り込むことをすすめている。個人であれば、「自分の得意なこと」、組織であれば、「創造的な仕事」「利益を生む社員」などに絞り込むことで、飛躍的に成長できる。そのことを著者は、自らの体験や、他者の成功例とともに示している。官僚的な組織であるBBC(英国放送協会)でBBC・オンラインを大成功に導いたジェイミー・リーブのケース、著者が以前に務めていたBCGやベイン・アンド・カンパニーのケース、著者が救ったというファイロファクスのケースなど、刺激的なエピソードが豊富に盛り込まれている。
『チーズはどこへ消えた?』の門田美鈴が訳を務めていることもあり、文章は大変読みやすい。起業や能力開発のためのカンフル剤として、一読をおすすめしたい。(土井英司)

内容はハプンさせられますが、すべてにあてはめるもねえ 2005-04-27
まあ、元気が出て、前向きに生きるヒントが満載なので、
★4つか、5つ、あげたいところですが。
前半は、学問チック、お勉強モードで、その後の
企業経営への80/20への適用・・まあ、
これも、合理的で冷静な説明で、納得できます。役に立ちます。
後半、個人の幸せに、この法則をあてはめようとしてから
が、結構、著者の感情も入って、人生哲学し始めるあたりから、
本書のメインテーマからすこしづつ脱線ぎみです。
個人が自由に、経済的に裕福になって、幸せに生きるための、
驚くような、いいアイデアは、そう簡単にはない、
ということでしょうか。
まあ、別に、80/20法則でなくても、彼の言わんとする点は、
幸せで自由な人生を手に入れるという点では、ありがたく拝聴
したいと思います。
でも、株式投資の十箇条は、特に、この本で言わなくてもねえ。
いい内容ですが、最後にいくにつれて、人生いろいろ、浪花節
もちらほらで、残念ながら★は3つにしました。
でも、ホント、読んで価値のあるいい本ですよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/4/9に作成しました。


2007年04月09日 15:55