人生論・教訓

仕事の思想―なぜ我々は働くのか |田坂 広志

仕事の思想―なぜ我々は働くのか仕事の思想―なぜ我々は働くのか
田坂 広志
PHP研究所 刊
発売日 2003-09
価格:¥560(税込)
オススメ度:★★★★




仕事の真の報酬は、人としての成長である 2006-09-10
新聞の広告をみて、手に取った。

著者の田坂氏は日本総合研究所の創立メンバーとして著名。

ビジネス一辺倒ではなく、思想色の濃い経営論、経済論が特徴で、

ファンも多いと聞く。



本書はおそらく何かのセミナーをまとめたものだろう、

10回に渡って田坂氏の仕事への考え方=仕事の思想を説いている。



なぜ我々は働くのか。

この問い対する田坂氏の考えは以下のとおり。



一.仕事をするのは、生活の糧を得るためでもなければ、競争に勝つためでもない。

二.仕事の真の報酬は、仕事を通して得られる「人間としての成長」である。

三.仕事を通して成長する方法は二つある。

  ひとつは、夢を持つこと。

  もうひとつは、鏡をみること。自分の成長を映す鏡とは、上司であり、顧客である。

四.成長のゴールは「人間力」の完成である。人間力は深い観察と格闘で養われる。

  深い観察とは、傍観者でなく、こころの痛みを知ること。

  格闘とはぶつかり合いを恐れず、相手のこころと正対すること。



通常のビジネス書は、問題解決の即効性に重きをおくため、

個別の問題場面(たとえば折り合いの悪い上司との付き合い方、など)における 対処法、

具体的テクニックを教える。



本書はしかし、個別の対処法ではなく普遍的な価値、思想を求める。

ビジネス書でありながら、人生観、世界観を語っていて、宗教的香りが漂う。

その点が類書ともっとも異なる点である。



田坂氏は1951年生まれ、現在(2006年)55才。

本書は1999年の初版だから、執筆当時は48才。すでにして大僧侶の趣、である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/22に作成しました。


2006年10月22日 22:54