人生論・教訓

ユダヤ人大富豪の教え |本田 健

ユダヤ人大富豪の教えユダヤ人大富豪の教え
本田 健
大和書房 刊
発売日 2003-06-19
価格:¥1,470(税込)
オススメ度:★★★★


偉大な人物のもとに弟子入りし、密度の濃いレッスンを受ければ、きっと人生は飛躍的に変化する――そう考えたことはないだろうか。もし読者が、「わかってはいるけれどなかなか出会いがない」というなら、ぜひ本書を手にとってもらいたい。きっと人生で成功するためのヒントが見つかるはずだ。
本書は、大ベストセラー『「幸せな小金持ち」への8つのステップ』以来、数多くのベストセラーを生み出してきた著者の最高傑作ともいえる1冊である。著者は、経営者、投資家、はたまた作家として成功を収めているが、その思想や行動様式の根源には、ユダヤ人大富豪のメンター(助言者)の存在があった。著者が学生時代、アメリカで出会ったという大金持ちの老人、ゲラー氏の教えを対話形式でつづったのが、本書『ユダヤ人大富豪の教え』である。
本書のなかで著者は、「3日以内に1000人分の署名をもらう」「電球を1000個売る」など、数々の課題を乗り越えながら、お金持ちになるための心構えや手法を学んでいく。困難にぶつかったときに創造的なアイデアを出せるかどうか、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れられるかどうか、自由人と不自由人で異なる人生のルールを受け止められるかどうか…。含蓄に富んだ言葉は枚挙にいとまがない。こういった心構えのほかにも、セールスの秘訣やスピーチの極意、人脈作り、お金に関する知識など、成功に必要なノウハウにも、具体的に触れている。
お金のリテラシーをわかりやすく示した点は、これまでに出された著作と同様だが、著者の具体的なアイデアを示した点が目新しい。また、老人との「対話形式」を採用することで、あたかも自分が大富豪の教えを受けているかのような感覚になるのも、本書の大きな魅力であろう。久々にファンならずとも楽しめる本格的な1冊が登場したと言えるだろう。(土井英司)

人生とはたった二つの集合体でしかない 2006-09-06
二十歳の著者が必然とも言えるめぐり合わせで出会った富豪から数週

間の「修行」を受ける形で本書は進みます。

「成功する」ということと「幸せになる」ということを完全な形で説

明している非常に良書でした。



ビジネスノウハウを教えたものではありませんでしたが、「成功した

い」と考える人全てにあるひとつの答えを提供しています。

そこにはただお金持ちになっても無意味で、「楽しみ、幸せになる」

ことで副次的にお金がついてこないとなんの意味もなさないことが記

されていました。





逆に自分の不幸やアンラッキーも自分が選択したことだと示されるの

は正直つらくもありましたが、「人生は考えることと、行動すること」

たったこの2つの集合体でしかないすれば、人生そんなに難しくない

かもしれません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/23に作成しました。


2006年10月23日 23:10