人生論・教訓

眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用 |大島 淳一 /ジョセフ・マーフィー

眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用
大島 淳一 /ジョセフ・マーフィー
産業能率大学出版部 刊
発売日 1968-06
価格:¥1,575(税込)
オススメ度:★★★★




天道是か非か〜司馬遷の歎き〜 2006-07-19
カウンセリングの先生に紹介されたのがきっかけで、マーフィーと付き合い始めてかれこれ20年になります。 多分多くの方がそうであるように、はじめは“かなり胡散臭い本”だと感じながら読んでいました。



マーフィーはキリスト教の聖職者でしたが、彼は『宗教に関しては本人が一番自然に信じられるものであれば、キリスト教の他の宗派(マーフィーの属する宗派以外の事)でも構わないし、ユダヤ教、仏教、イスラム教でも一向に構わない』と公言しています。

かなり大胆な発言です。

マーフィーの この姿勢を知り、彼を『信じられる人物』だと感じ、その考えるところを知りたいと思い数冊を一気に読みました。



 史記の中で司馬遷は『天道是か非か』と歎いています。

高校生の頃、岩波文庫の『史記列伝』を読み、先ず何より心に残った言葉です。

孔子が自分の真の後継者と期待していた清廉潔白の顔回は、極貧の中で餓死同然に死んでしまう。その一方で極悪非道を極めた盗賊の盗蹠は、一族に見守られながら大往生を遂げる。司馬遷ならずとも矛盾を感じ、天に向かって恨み言の一つも言いたくなるでしょう。

矛盾に憤りを感じながら、なすすべも無く諦める。私たちの周りにも、そんな事例は山ほどあります。

こんな不合理に、私の知る限りマーフィーが始めて『潜在意識』を使って、矛盾の理由を解説してくれました。



『成功法則』をどう判断されるかは、『潜在意識』に関する著述を読まれる個々人にお任せするしかありませんが、マーフィーとの出会いが、私の考え方と人生を大きく変えたことは確かです。



毛嫌いする前に、一度は全編通して読んで頂きたい本だと思っています。




さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/24に作成しました。


2006年10月24日 17:00