教育

輝ける子―100メートルを10秒で走れと言われてもさ、いっくら努力しても走れない奴っているじゃん |明橋 大二

輝ける子―100メートルを10秒で走れと言われてもさ、いっくら努力しても走れない奴っているじゃん輝ける子―100メートルを10秒で走れと言われてもさ、いっくら努力しても走れない奴っているじゃん
明橋 大二
1万年堂出版 刊
発売日 2002-07
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★★


学級崩壊、友だちへの暴力、不登校、自殺…。これらの行動は、子どもたちのSOSのサインだと、スクールカウンセラーを務める精神科医の著者は指摘する。子どもに問題行動が起きたとき、叱りつけるのではなく、なぜそのような行動をとるのか、まずは冷静に考えることが大切だという。問題行動を起こす子どもたちの多くは、自己評価の低さが見られる。自分の存在を否定する原因として、家庭や学校での問題点をあげる。子どもの側に立って見つめ、大人はどうすればいいかを、具体的に提案する。
また、実際に相談を受ける内容を、「子どもに関するQ&A」として紹介。「子どもがスーパーで万引きをしました」「子どもが携帯電話をほしがる」など、具体的なケースに対するものから、「甘やかすと甘えさせるはどう違う?」「子どもの悩みをわかったところで、どう接すればいいかわからない」など、内面についてのアドバイスまで、全部で20問。現場を知り、専門的な立場の著者ならではの、具体的なアドバイスが参考になりそうだ。
サブタイトルにつけられた「100メートルを10秒で走れと言われてもさ、いっくら努力しても走れない奴っているじゃん」は、ロックバンド「ブルーハーツ」の語録から取ったもの。「それをさせようとするから、勉強するのがいやんなっちゃうんだよな」が続く。親や教師だけでなく、すべての大人に、耳の痛くなる言葉として響いてくる。(町場キリコ)

育児になやんだら 2005-11-02
子供の視点からみたこの本に私はとてもかんがえさせられました。
この本に出合えてよかったです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/2/28に作成しました。


2007年02月28日 12:19