記憶・神経科学・心理学

頭脳の果て |Richard Poe /田中 孝顕 /ウィン・ウェンガー /リチャード・ポー

頭脳の果て頭脳の果て
Richard Poe /田中 孝顕 /ウィン・ウェンガー /リチャード・ポー
きこ書房 刊
発売日 2005-07-22
価格:¥1,890(税込)
オススメ度:★★★★




新人類的な知力 2006-10-22
僕がこの本を購入した理由は[Ph.D] Win Wengerの別の著作を読了し、他には無い先進的かつ独創的な内容に魅せられたからだ。



これから紹介する「頭脳の果て」だが、私的なポイントで紹介をしたい。



「イメージ・ストリーム」

・神経ネットワーク、視覚的イメージ、想像力を強化する(ある実験ではイメージ・ストリームを90分位行うとIQが1ポイントほど上昇する。



「インスタント再生」

・日頃からの出来事を鮮明に再生して新たな洞察を得て、通常見落としがちな意味を得る事が出来る。(簡単に言えば体験した出来事を深い洞察で検証できる。



「意識と無意識の境目テクニック」

・洞察力強化(慣れれば瞬時に驚くほど鋭い洞察力を得る事ができる。



「隠された質問」

・知覚力の強化(知覚力の強化により、物事の発見や、感受性、感覚的な性能が強化される。



「モデル思考」

・天才的な能力などを獲得できる(本書のエピソードでは一般的な野球少年が、このテクニックを使い打率が8割台にまで上げたり、バイオリンを触れた事も無い少女がこのテクニックを使い2週間程で上級者レベルのバイオリンを弾けるようになった等・・・。



「フォト・リーディング」

・速読術

・別の人の著作の技術だが、このテクニックは本書の影響を受けたという。

(これをマスターすれば通常の人間の読書が可哀そうに見える位の読書ができる)

(普段、本を読むのが遅い人なら、数十、数百倍速く本が読めるようになる。)

(一ヶ月に90冊読むのも可能)

「フリー・ノーティング」

・集中力の無い人でも記憶力が格段に上がる。(勉強に集中できない人でも情報が頭に入る。記憶力が格段に上がる。)勉強には最適!



・・・など、この本に書かれているテクニックを使いこなせば通常の人間のレベルを遥かに超えた知性、知力、才能を得る事だろう。



通常の人間が可哀そうに見える位の能力を得られる事も夢ではないから。





あなたがこの本のテクニックを使い、あまりに有能で優秀な人間としてあなたが周りに隔離され人々がため息をついてしまられる覚悟があるならばこの本を薦めます(笑


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/26に作成しました。


2006年10月26日 17:12